令和2年度 中小企業組合等課題対応支援事業



1.事業概要

中小企業が単独では解決することが難しい問題(ブランド化戦略、既存事業分野の活力低下、技術・技能の承継の困難化、環境問題等)に対して、中小企業組合等で連携して取り組む事業の調査やその実現化について、全国中央会から補助を行うものです。

2.支援対象者

中小企業組合(事業協同組合、企業組合等)、一般社団法人、任意グループ等です。

3.補助率

補助対象経費の6/10以内

4.事業の種類と補助金額

事業の種類 補助金額
(1)中小企業組合等活路開拓事業 中小企業組合等が事業環境の改善等を目指し行う将来ビジョンの策定や展示会出展等の取り組みを支援 上限額 2,000万円 (下限額 100万円)
(2)組合等情報ネットワークシステム等開発事業 中小企業組合等がIT活用による経営革新を推進するための情報システム開発などのプロジェクトを支援 上限額 2,000万円 (下限額 100万円)
(3)連合会(全国組合)等研修事業 全国地区の連合会等が抱える課題解決などにつなげるために実施する研修プロジェクトを支援 上限額 300万円

※事業の種類毎に要件が異なります。詳細については募集要領等をご覧ください。



5.公募期間

令和2年3月2日(月)~令和2年8月31日(月)【消印有効】

第1次募集 令和2年3月2日(月)  ~ 令和2年3月31日(火)【消印有効】

第2次募集 令和2年4月1日(水)  ~ 令和2年5月29日(金)【消印有効】

第3次募集 令和2年7月20日(月) ~ 令和2年8月31日(月)【消印有効】

※公募期間ごとに、審査・採択を行い、予算枠に達した時点で終了となります。

6.事業要領等

事業の要領等に関する詳細については、「事業のリーフレット」よりご確認ください。