ホームサイトマップ | サイト内検索
プロフィール 組合Q&A ほっと通信 調査報告書 支援施策 官公需情報 共済情報 組合検索 リンク
ホーム>
「リコール円滑化に向けた取組強化」について
 平成19年5月に「改正消費生活製品安全法」が施行され、重大製品事故が発生した場合、製造事業者並びに輸入事業者に国への事故報告を義務付けられ、状況によっては製品回収(リコール)などの危険防止策が命じられる等、企業にとって重大製品事故が発生した際の消費者への対応がこれまで以上に必要になってきています。
 これに関連し、本年5月26日の経済産業省産業構造審議会消費経済部製品安全小委員会において「リコールの課題と今後のあり方について」が示され、その中で「中小事業者等財務基盤が強靱でない企業の場合には、消費者保護、経営基盤確保の観点からリコール保険等の加入等によりリスクヘッジする措置が重要である。」と明記されています。
 今後の法改正に伴う事業者のリスク対策の重要性をご理解いただくとともに、その備えとなる本保険制度への加入についてご検討くださいますよう、よろしくお願い申しあげます。

※ 参考資料(経済産業省産業構造審議会より抜粋)
  リコールの課題と今後のあり方について(PDF形式)
三重県中小企業団体中央会
E-Mail:webmaster@chuokai-mie.or.jp
〒514-0004 三重県津市栄町1丁目891番地 三重県合同ビル6階
TEL:059-228-5195 FAX:059-228-5197